これらの著書を読んでいただければ、心の病や精神的・身体的苦痛がなぜ治せるのかを理解し、納得していただけるものと思います。
一冊目の『催眠療法』では、脳科学には触れていません。これを出版した時は、まだ“心”と“脳”の関係が一般的に語られる時期ではありませんでした。今でこそ、テレビや雑誌でよく特集されていますが、その当時、依頼された講演などで、脳科学の話題を出してもあまり関心があるような手応えを感じませんでした。それで、これは脳科学の視点では書いていません。
二冊目の『心の病は治せる』では、サブタイトルに-脳科学と催眠療法-と表記し、脳科学の視点から心と脳の機能を説明し、催眠療法の価値と意義を脳科学の視点から と 従来の深層心理学の視点から説明しております。
2009年中には、二冊の著書を出版する予定でいます。 どうかそちらもぜひご購読下さい。

著者 井手無動


なぜ心の問題が生じるのか、そして、なぜ治せるのかを、図画を多用しながら説明しているサイト。LinkIcon


マインド・サイエンスで催眠療法を受けて、感謝の便りをくださった方々のお便りを紹介したサイト。LinkIcon


ブログを読んでみようかと思っていただけたら、ぜひ訪れてください。もちろん、ブログだけではありません。


テレビ出演の時のタレントさんの催眠状態の表情や雰囲気とエピソードなどをお楽しみください。LinkIcon